Posts Tagged ‘安定’

職業

大学の卒業生にとって、求職して1種の人生の自ら自己の“販売”を選んでと、個人の能力と素質に対する試練で、積極的な策略が受け答えして事がようやくなると心の中で考えることができることを必要として、願いどおりになります。
心がこもった準備の策略。職を選んで求職して1度の“戦役”のようで、必ず転ばぬ先の杖なければならなくて、十分な準備をしっかりと行って、その中が自己の心理状態の調整を含んで、求職する資料の構想する設計がと苦心して造ります。有名な科学者のパスツールは言ったことがあります:チャンスが最も偏愛して準備の頭があります。だから、求職の前のそれぞれの準備作業をしっかりと行って、求職するために良好な条件を創造します。
能動的な出撃の策略。求職して個人の発展の前途に関係して、積極的な態度がないのは駄目です。大学生は依存、待つこと、卑屈さ、を克服して競争などの消極的な心理を恐れて、個人の自発的な積極性、創造性を発揮して、大胆に“販売”自分に行って、求職の主動権をしっかりと自分の手の中で掌握することに努めます。
よくチャンスの策略をつかみます。古人は云っています:好機を逃してはならなくて、機会は逃がしてはなりません。時には就業するチャンスはつかの間、そのため、チャンスになるのは来ます臨時で、しっかり見て切れ切れなければならないのでさえすれ(あれ)ば、決して迷うことをためらうことはできなくて、容易なことではない就業のチャンスを大切にして捉えて、それにと自分で決して好機をみすみす逃してしまうことはできません。
情報は策略を先行します。情報は求職の就業の中で全局面を左右する地位を占有します。大学の卒業生は求職する情報に対して3が賢いことがあります:つまり敏感で、鋭くて、素早いです。敏感な情報の意識を確立して、ネット、新聞、先生、親友などの各種のルートから注意して、収集して就職の情報を理解して、そして分析、ふるい分けることを行って、自分の求職の方向と目標を確定します、職を選んで求職するために情報の方面の準備をしっかりと行います。鋭く非常に目ざとくて、非常に耳ざとくて、あれらの他の人の発見することができ(ありえ)なかった求職する情報を発見することに優れて、発見の求職する情報の志があり努力する人をします。素早く捕まえて価値の求職する情報があることを発見して、直ちに着手しなければならなくて、思い切って試みます。
頭を使って勝つ策略。求職はひとつの学問で、また1種の技巧の芸術で、必ず知恵と策略を重んじなければならなくて、軽率に決して事を進めることはできません。1は言語の芸術を重んじて、求職の時用語が要するのは正確になめらかで、巧みにみごとなことに答えて、言葉は簡潔だが意は尽くされています;2は心理の芸術を重んじて、求職の時あなたは表情の自然を要するだけではなくて、行為はおうようで、自信心を満たして、注意力の高度の集中、その上関心を持って推察して招聘者の心理を分析して、自分の回答と質問は策略を言って、誠実で信用できて、また長所を利用し短所を克服して、十分に自分の才気を表示すって、相手の注意を引き起こします;3は礼儀を重んじて、求職の時服装に適切なように求めるだけではなくて、個人の外在する米を表示すって、その上用語の文明を要して、行為は気前が良くて、雅やかで礼儀正しくて、顔は笑顔を連れて、招聘者にあなたの一般のものとは異なる個性、良好な教養と内在する素質を感じさせます。
実務に励む第一主義の策略。自分の才能、実力に対して高すぎることを評価して、高潔の士を自任し、自己陶酔に陥って、着実でなくて、このように無形の中は人為的に就業の敷居を高く持ち上げて、それによって自分に現実的な社会の中で適当な就業の位置を探し当てにくいです。大学の卒業生は自分の実際的な能力は必ず出発しなければならなくて、客観的評価の自分に注意して、正確な位置付けをやり遂げることに努めて、理知がある選択、重要な計画の虚栄はメンツを重んじないで、他の人と盲目的に互いに張合います。